2020年10月9日午前に避難訓練を行いました

全社員の防火意識を高め、防火・防災の実践力を高め、つぼみの事故を未然に防ぐため、2020年10月9日午前1時の避難訓練に成功しました。全国火災安全日の1か月前。生産部門、相対的な機能およびセキュリティチームから100人以上が避難訓練に参加しました。

訓練開始前に、ゼネラルマネージャーのアレックスが動員を行い、競技ルールや注意点を説明しました。晩夏から初秋にかけてはまだ気温が非常に高く、同社の防火は安全生産作業の最優先事項となっています。この訓練を通じて、すべてのスタッフが火災安全に対する意識と自助のスキルを向上させました。これは、将来の安全生産と安全家族に前向きな役割を果たすでしょう。セキュリティチームのリーダーは、消防設備の使用法を深く説明し、必需品を示しました。この消火活動の要点は、私たち全員に記憶されています。

訓練後、生産部長の李氏は、全従業員に火災安全の知識を学び、習得し、安全意識を高めるよう呼びかけました。火災が発生した場合は、落ち着いて対応し、安全予防に努めます。この訓練は、将来、効果的な実地体験と整然とした緊急作業を提供し、日常の安全生産の確固たる基盤を築くものと信じることができました。

news2


投稿時間:2020年10月9日